スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

毎日を思う


今日はオンガクとは関係のないこと。

いろいろと大切なことを思い出していました。

でも、僕は変わらない自信があるよ。

忘れそうになるけど、もう二度と大切なものを零したくない。

愛というものはとても手に届かない場所にある。
僕には受け取ることはできない。
でも僕はそれを注ぐことはできると思っている。

昔から僕を知る人。きっとこれを見ていると思うけど。
僕はあの頃のまま

変わったことといえば大切にしてくれる人たちが居ると思うんだ。
本当に幸せなことだよね。

ずっと悲しかったけど、今度は僕が背中を押さなきゃね。
弱いままでいい。

このままでいい。

僕にとっての幸せは 何かを思い それを託すこと。
過去の中で美化された記憶だけを連れ戻して

夢を追うことを今でも可能にしている。

僕は道標になれたでしょうか。
もうすぐ僕が描いたことが現実になるんだ。

指揮棒を振りながら多くの観客の中 ずっと君を探していた。

フィナーレが近づいている。

そういうふうに感じる。

最後の曲は

ラフマニノフ
Lilacs, Op. 21, No. 5 (Siren)
ヴォカリーズ







2008.06.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | DIARY

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。