スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

それでも生きる子供達へ

All the invisible Children / それでも生きる子供達へ
http://www.myspace.com/paranellhw


光が眩しい 日の当たる庭に咲く薔薇の花が
丸い穴から覗いていたんだ 君の目は美しい
脱ぎ捨てた服の山の中で ママのお腹に居たつもり
渇いた空気が脈を打つよリボンをつけた車が走る

遠くへ 君の手を汚さないように
遠くへ 君の手を汚さないように

悲しくないよ ミサイルで家を焦がしても
僕は目を開けるよ ライフルを持ったとしても
少女はしゃがんで 君を見た
守る人がいなくなったら
饒舌な政治家に聞いてみるといい
あいつが札束を数える頃 君は空き缶に小銭を入れた
猫を殺した果物ナイフで誰から何を奪うのか
僕の肩に君の頬を預けてよ
愛を忘れてもいい
鼻をかんだ布キレを勇者に渡すんだ
暴力のない世界はなかった
ボールが転がり掴めはしなかった
一億六千七百万の星が散り 大人に向けた
希望のロケットは不発に終わったんだ
盲目の老人が空に歌う 
僕は走った今日また明日を知るために
大きな手と繋いで 君は生きている

遠くへ 君の手を汚さないように
遠くへ 君の手を汚さないように

光が眩しい 日の当たる庭に咲く薔薇の花が
丸い穴から覗いていたんだ 君の目は美しい
脱ぎ捨てた服の山の中で ママのお腹に居たつもり
渇いた空気が脈を打つよリボンをつけた車が走る

遠くへ 君の手を汚さないように
遠くへ 君の手を汚さないように

save children
http://www.savechildren.or.jp/
MIXI community
http://mixi.jp/view_community.pl?id=139663


やっとデモができました。この曲はsave childrenへ作った楽曲です。

子供の頃を思い返すとやっぱり今僕が生きていることが不思議でならないし、
表現をすることが未来に繋げたのかもしれない。
玩具のように扱われて育って愛を認識するのにも苦労はしている。
昔は怯えることしかできなかったけど、それでも今は幸せだと感じる。たまに不安だけど。

児童労働、ストリートチルドレン、児童買春(児童売春)、人身売買
少年兵,地雷、難民、債務奴隷、エイズ孤児

彼らが大人になった時に、「生きていて幸せでした。」
そう思ってほしいから。痛みを忘れない僕たちが少しだけでも努力するべきではないのか
そう思いました。
僕らも昔は子供でした。痛みを受ける子供でした。だから痛みを与える大人には
どうかならないで下さい。

テーマ:未来の子どもへ - ジャンル:福祉・ボランティア

2008.09.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | ART & MUSIC

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。