スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

夜をすぎる日

夜をすぎる日

この4階から私は景色を見下ろしている。子供の頃から育って来たこの町の
朝日が辿り着く瞬間。一瞬だがとても感動する
真っ暗闇とマッドオレンジ色の空が徐々に近づいて
私の肌に光が近づく時、「今日もはじまるんだなあ」って
すぐ傍に走る電車の音に紛れていくんだ
早朝に出勤する社会人 あどけない学生
早起きな老人 寒そうにしている子犬
高く飛ぶカラス 渡り鳥 ああ 野良猫
私が、私の生きて来た時間の長さの分を走りきっても
それは僕を、私を 挫折という栄光に導いて
結局は寝転がってしまうんだ
私は大切な一人の誰かと 大切な思い出を今でも探している
平行四辺形のように別の底辺では図形を描いていて
それは現実とこの世界が美しい醜くさを私に与える
何も考えずにまっすぐに自転車を走らせて疾走するこの景色が
また暗闇でなくなることを
また命を削り、光を作ることを
知っている
だから私は垂れ流しの人生などありえないのだと痛感した
4階から見るこの朝日は私だけのものじゃない
労働者達のかけがえのないものだ
だから私は知っている
朝日の光が人生をつなぐ事を

かさかさに荒れたあなたの手はとても暖かい
冬の寒さや迷惑な風さえも忘れてしまう
寒くはないのでしょうか
暖かくはないのでしょうか
少しだけ私ではなく僕を知ってください
僕は大きなパラソルでこの4階から朝日に飛び込み
お空を自由に旅をしてあなたの傍に行きますから
そのときは僕の旅の話でも聞いてください
僕はウサギ
私はキツネ
あなたは迷い人

社会というこの大きな森で足を挫かないように道を忘れないように
ずっと生きて行くのはしんどいよなあ

でもあなたがそこで点という役目があって誰かの点が迷い込んだら線になって
人と人が繋がる瞬間じゃないのかな
心が欠けても生きてみせましょうよ 僕らにはそれしかないから
それがあるなら少しだけ我がままに生きて見ましょうよ
誰かを殴ったって傷つけたって あなたがあなたであれば
僕はそれでいいよ

victor paranero


PAX BOVISCVM

N?o posso viver muito tempo
Assim, isto exprime para ter
?xito de inten??o
Digo alguma coisa ? pessoa usando a for?a estranha
O propriet?rio da mesma mente de ferimento n?o ? esquecido
? agora e ? atado conjuntamente
que ? amado  ? com voc?
Est? sonhando de capaz de tornar-se um com voc? depois que teve sido comido por monstro preto
Permita-nos de abandonar o mundo e obter o mundo
Se torna triste e chove
Como paranel era amarrado junto com voc?
O meu corpo desaparece


paranel


2007.12.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | DIARY

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。